〒370-0008
群馬県高崎市正観寺町212
027-395-6333
HPはこちら
http://www.ktm-gunma.jp/

XC-W 125と150の違い

さよなら2017年度。


こんにちは、トイデです。


明日から新年度です。

花粉が、やばいです。
風邪もひきました。



今日はXC-Wについてちょっとお話します。


まず、おととい入荷しました、2018 150XC-W!
IMG_8072
いきなりストリップ状態ですが笑

2017年モデルからは125EXC、200EXCが惜しまれながらもラインナップ落ちしてしまい、新たにこの150XC-W、125XC-Wが誕生いたしました。

ただ、EXCから『XC-W』というモデル名に変わり、クロスカントリー専用レーサー車両になりナンバー登録ができなくなってしまいました。

125EXCは特に名車レベルでしたので、非常に惜しまれました…。

そんなこんなで150XC-W。
IMG_8073

もう左側スイッチは完全にレーサーです。SXモデルと同じ。キルスイッチオンリー。
IMG_8074

フロントブレーキスイッチもありません。
IMG_8075

もちろん、リアも…ね。
IMG_8076

メーター裏配線も、シンプル!!
IMG_8077

タイヤはみんな大好きDUNLOPのAT81を装着。(EXじゃないよ)公道走行不可タイヤ。
IMG_8078

超軽量車体に144ccエンジン。セル付き。ハーネスはほぼSX。まさにレース専用。¥899,000です。


変わって125XC-W。こちらもメーカー公表『登録不可モデル』です。
IMG_8080
訳あってフロントマスクは外れています…

IMG_8081

125XC-Wと150XC-Wの違いは排気量とセルの有無だけ!と思いきや…


左側スイッチはEXCと共通…(おまけスイッチが付いてますが気にしないでください笑)
IMG_8082

フロントブレーキスイッチもついているので、ブレーキランプ点灯します。
IMG_8083

当然リアもスイッチ付き。
IMG_8085


ヘッドライト裏ハーネスはほぼEXCと変わらず。
(ここもおまけハーネスがいますが気にしないで笑)
IMG_8084

タイヤはEXC標準装備のマキシススーパーエンデューロを装着。公道走行可タイヤ。
IMG_8086
超軽量車体に125ccエンジン。セル無し。ハーネス関係はほぼEXC。¥889,000。

エンジン以外に電装関係(ハーネス)に大きな違いがあります。
もうこれはウインカーとホーンが付いてないだけで、ほぼEXCなんです。

ってことはそれ付ければ、125ccだから…っていうのはダメダメ!ダメですよ!!
『公道走行不可モデル』ですから…。

後は…ご相談ください笑




ハードエンデューロに変化!?

ブログがんばりますトイデです。


先日、スペインにてハードエンデューロレース
Bassella Xtreme race
が開催されました。

今年からスタートする【WESS】戦ではありませんが、(WESSについては…一応リンク→WESS)
参加台数が1500台オーバー(!!!)のスーパービッグイベントです。

もちろん各エンデューロマシンメーカーのファクトリーライダーが多くエントリーしました。
ジョニー・ウォーカー、アルフレッド・ゴメス、ジョセフ・ガルシア…そして2016年の現役引退からカムバックを果たした【タディ・ブラズシアク】!

Bassella_Extreme_race_podium_2018_Enduro21_628


優勝したのはこのTaddyでした!!

今回ワタクシが注目したのは、マシン!!
2018年のファクトリーのハードエンデューロマシンの作り込みを見たかったんです。

KTMファクトリーのジョセフ・ガルシアはEXC TPI。ファクトリー仕様のTPIを投入です。

もちろんほとんどの参加者が2ストロークマシンです。

そんな中、兄貴ことタディと王子ジョニーウォーカーは4ストロークをチョイス!!!

enduro-2018-bassella-race-walker

2位のリザルトを記録したジョニー・ウォーカー!EXC-F!!

enduro-2018-bassella-race-blasuziak

タディは350EXC-Fを駆りハードエンデューロのレースで勝利を収めました!!


先日イギリスで行われた『Tough One』というレースでは【先生】ことグラハム・ジャービスがハスクバーナFE250(4スト)を駆り勝利を収めましたし、ハードエンデューロの世界に4ストロークがきているのは間違いなさそうです!!

参加大多数は2スト300or250。
KTMは2018モデルで画期的な2ストロークインジェクションマシン、EXC TPIをデビューさせました。
過去の2ストロークの概念を打ち消すマシンは世界中で大人気、もちろん当店でもお問い合わせを多数いただいております。
その言葉では表せない軽さ感、粘る低速トルク!
ハードエンデューロの世界が出した答えは2スト300とまでいわれています。

4ストロークマシンはどちらかというとハイスピードレース向けという使用でしたが、このリザルトをみて4ストロークマシンの可能性にしびれました!




しかも、このエンデューロ猛者達の中で9位のリザルトを残したのは【FUJINAMI TAKAHISA】。
そうです。HRCのトライアルワークスライダーの"フジガス"こと藤波 貴久選手が出でいたのです!
しかもマシンはモンテッサの【4RIDE】。もちろん4スト。
85693
4RIDE。生粋のエンデューロバイクというよりトレッキングバイクに近い。

これで並み居るハイパワーエンデューロマシンの中で9位。脱帽。やっぱワークストライアルライダーは違います(笑)

レース動画はこちら


KTM ダカールラリー 17連覇!!!

2018年1発目のブログです!遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします!!

さて、題名にもありますが、KTMが2018年ダカールラリーを制し、前人未到の17連覇を達成いたしました!!


dakar_2018-ktm-vince-walkner


今年のダカールは南米開催で過去最高難易度となり、バイク部門は全14ステージ中第10ステージまでは分単位の争いが繰り広げていました。

2018年のレッドブルKTMチームは新型の450RALLYを投入。新フレーム、新エンジン、電装周り、車体デザインも一新し、まるっきりのニューマシンとなりました。
price_Redbull-KTM-Rally-2018_0861
2018 KTM 450RALLY

Toby-Price-KTM-450-RALLY-2016_dakar_840
2017までの 450RALLY。タンクがたくさんあるので分かりづらいですが、大幅な変更になってますね。

レース展開は序盤はKTMの【サム・サンダーランド】がレースをリードしますがステージ4でクラッシュを喫しまさかのリタイヤ!!
代わりにレースをリードしたのはヤマハの【エイドリアン・ヴァン・ベヴェレン】です。ホンダは2番手につけ、KTMは3位をキープし、ステージ9までは分単位での激しい戦いが繰り広げられました。

そして運命を分けたステージ10、KTMの【マティアス・ウォークナー】が完璧なナビゲーションでステージを制し、後続に一気に40分ほどのアドバンテージを築きます!
それまで僅差ながらしっかりとトップをキープしていたヴァン・ベヴェレンはステージ終了間近でまさかのクラッシュ!レースをリタイヤしてしまいました。。。

ウォークナーは後続との差を完全にコントロールし、2018ダカールの覇者に!ウォークナーはKTMが母国、オーストリア人である為、KTMにとっては完全な勝利となり17連覇の偉業に華を添えました!!


マティアス・ウォークナーといえばラリーライダーにも関わらず、世界一過酷なハードエンデューロレース、エルズベルグの予選(プロローグ)に450RALLYで出場し、余裕で予選をクリアしてました…恐るべし。

 

このページのトップヘ

見出し画像
×